読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー日本代表に感動!

サッカー日本代表アジアカップ優勝に感動しました。
私的にMVPは長友選手だと思いました。
決して本田選手がよくないわけではなく、長友選手の走りに単純に感動しました。


単純な事ですけど走るということは気持ちが出るという気がします。

最近バスケットボールをしていて思うことですが、自分がボールを持っているときは
必死に走るけど、それ以外の時は動けない人が結構多いと思います。
ですが、実はディフェンスに一生懸命戻ったり、ボールを持っていないところで
相手を引き付ける動きをしたりして、見方を生かす事が大変重要です。

バスケットはサッカーのように1点2点で勝負がつくわけではないので、
ディフェンスの意味合いは若干違いはありますが、だからこそディフェンスで
粘り強く走って攻めにくくさせる事が本当はすごく重要です。
バスケットの場合、試合の流れが一変するときってディフェンスがハマった時
だと思います。
オフェンスにしても見方をフリーにするために自分が相手のディフェンスを崩すという
動きがすごく重要だと思います。
無駄に動いているように感じるのかもしれないけど
チーム全体を思えば重要な役割です。
しかし、この走るという事を繰り返し、粘り強く続けるには相当強い気持ちが必要です。

走って走ってあきらめずに走った先にいい流れが来るものだと思います。


長友選手の走りには、そういう強い気持ちが表れていたと思います。


日常生活でもこんな事ありませんか?
人が見ていなくても、無駄なことだと鼻で笑われても、そんな地味な事意味あるのか?
って言われたって、自分を信じて続ける事です。
単純なこともできない者に流れは引き寄せられない。
走って走ってあきらめずに走った者にしか、その先にあるモノに触れられないのです。

そう励まされた長友選手の走りでした。
地味に走ってる人、苦しいけど地味に走っている人
がんばりましょう。私はそういう人間でいたいし、そういう人が大好きです。