読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あけましておめでとうございます

皆様あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
なかなかブログを更新できない期間がありますが読んでいただいている方がいらっしゃれば
今年も気長にお付き合いいただければとてもありがたく思います。
今年はこのブログも50記事以上、週に1回以上ペースを目指しております。
面白い記事、興味深い記事を目指しますので、どうかよろしくおねがいします。


年末年始は皆さまはどうお過ごしだったでしょうか?
先日テレビで「山本五十六」という映画を放送していたのをご存じでしょうか?
何気なく私も拝見しました。
正直いって私は太平洋戦争に突入した経緯はもとより、当時の世論
山本五十六さんの言葉は知っていてもその人となりは知りませんでした。
気になってはいたので、たまたま見ることができて良かったです。
あの映画がそのまま史実だったか分かりませんが、
歴史の教科書を読むよりずっと記憶に残るものでした。
歴史の授業って覚えることがメインになっていて、頭にも入ってこないし
興味もわいてこないと思っている人は私だけではないと思います。
その時生きていた人々が世の中の背景の中で何を考え、なぜそうしたのか?
そんなことを考えるための入り口というか、興味がわいてそのことについて深く調べたりするきっかけになるような授業だと面白いですよね。
先生も様々な工夫を凝らしていると思いますし、限られた時間の中でたくさんのことを教えなければならないので仕方ないと思いますけど。
話はそれましたが、
戦争という極限状態のなかでその先の日本を背負う若者のことをひたすら考えていたところにとても感銘を受けました
下の言葉が私の中でより輝きを増したような気がします。

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、 ほめてやらねば人は動かじ。
話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。
やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

【千歳・恵庭・北広島・札幌・苫小牧】
* エクステリア・外構・庭/ガーデニング/造園・カーポート/車庫のリフォーム・デザイン・設計・施工 *
住宅のエクステリア・造園 山田木材株式会社ジョイウッド
http://www.yamada-mokuzai.com/
http://www.facebook.com/JoyWood1998